サービス紹介
HOME > サービス紹介 > セキュリティ管理サービス

セキュリティ管理サービス

PDCAサイクルに則り、セキュアな情報インフラを構築

企業や組織のIT化の促進に伴い、保有する情報資産を有効活用することがIT社会におけるキーワードになりました。しかし、利便性の向上と引き換えに大きなリスクも抱えるようになり、いまや企業や組織にとって情報セキュリティに対するリスクマネジメントは重要な経営課題の一つとなっています。ISE-FMでは、これら情報セキュリティに対し、策定(Plan)、運用(Do)、評価(Check)、見直し(Action)をPDCAサイクルに落とし込み、情報セキュリティポリシーを策定。より安全な情報システムの構築をサポートします。

情報セキュリティの基本的な考え方

情報セキュリティ対策の難しいところは、企業や組織の持つ規模、体制によって異なるという点にあります。つまり業務形態、ネットワークやシステムの構成、保有する情報などを踏まえた上で、その内容に見合った情報セキュリティの対策を立て、情報資産を「機密性」「完全性」「可用性」にかかわる脅威から守ることが必要となります。情報セキュリティに対し当社は「情報セキュリティポリシーの策定」から「運用」、「評価」、「見直し」までをPDCAサイクルに則り情報セキュリティポリシーに発展させることで、より安全な情報システム環境を構築するお手伝いをします。


策定
Plan
情報資産を洗い出し、企業や組織の状況に合わせた情報セキュリティポリシーを策定する。
導入・運用
Do
策定した情報セキュリティポリシーを全社員、全職員に伝える。必要に応じて教育を行う。また、情報セキュリティポリシーに則って行動する。
評価
Check
導入後の状況や問題点、社会的な状況をふまえて定期的に情報セキュリティポリシー自体を評価する。また、厳守されているかのチェックも行う。
見直し
Action
評価の結果を参考にして情報セキュリティポリシーの見直しを行う。